転職時にはコンサルタントに相談

転職,相談

転職というのは日本ではまだ広く認知されてから年月がそれほど経っておらず、未だに多くの人がその全容を知らない状態にあります。そのため、いざ転職したいと思って身近な人に相談にのってもらおうとしても何も建設的な意見をもらえないという状況になってしまいがちです。 こういった状況で転職希望者をサポートするため、相談に乗ってくれる専門のコンサルタントに依頼することができます。日本での転職の状況やどういった方法があるかといった相談に加えて、自分にどういった適性があるのか、その適性に合った職種にはどのようなものがあるのかといったことまで具体的な意見を提示してもらえますので、コンサルタントをうまく活用すると円滑に就職先の候補を選び出すことができます。必要となるスキルアップの方法や、実際の面接の受け方などについても教えてもらうことができますので、一人コンサルタントを決めておくだけで転職に際しての悩み事はほぼ全て解決することが可能です。多少の費用がかかってしまうのはプロを相手にしているので仕方ありませんが、費用がかかるということはコンサルタント側にも責任が生じますので全力をもって対応してくれます。コンサルタントをうまく活用して余計な悩みや苦労のない就職活動にしましょう。 97

転職活動の最後となる内定後の流れについて

転職,相談

企業から内定通知が届いたら、転職活動も終盤です。しかし、油断は禁物です。内定通知はあくまでも通知。転職先企業へ入社承諾を行い、労働契約を交わして、採用が決定します。 内定後の流れとしては、先ず、内定通知への返事です。電話で受けた場合は、「担当者名」「連絡先」を確認します。諸条件で未決定のことがあれば、質問し、確認しておく必要があります。メールや郵便で、内定通知を受け取った場合には、返事が必要です。諸事情で返事を保留にしたい時でもその旨を伝えることも含めて、1?2日以内には、必ず返事をしましょう。あまり遅くなると、辞退したとみなされる可能性があります。 内定通知に承諾したら、内定が決定します。内定通知に承諾する前に、諸条件(勤務時間、勤務条件、給与など)についてきちんと確認しておくことが大切です。また、面接時などに質問し、回答が出ていないことがあれば、承諾前に確認しておきましょう。 次に、入社日の調整です。特に就業中であれば、退職日との調整が必要になります。会社によっては、退職届は◯ヶ月前に提出するよう就業規則で定めているところもあります。転職後に前職の会社とどのような形で関わることになるかは分かりませんので、円満退職できるように調整することが大切です。 入社日が決定したら、労働契約書を交わし、企業から求められる必要書類を準備します。入社までに時間があれば、転職先企業の現状を確認しておきましょう。 98

更新履歴


このページの先頭へ戻る